尾張東部火葬場管理組合

尾張東部聖苑の概要
   春日井市、小牧市、豊山町の2市1町により、一部事務組合
(尾張東部火葬場管理組合)を設立し、昭和55年9月1日から管理・運営をしています。
   聖苑全体は、緑に囲まれ自然と調和する明るい環境の中に設置されており、
火葬施設は、火葬炉15基、汚物炉1基を備え、
全ての炉に再燃焼装置による無煙無臭化を図っています。
施設の概要

  敷 地 面 積

   23,950u

  構         造

   鉄筋コンクリート造 2階建( 一部平屋建 )

  建 築 面 積

   3,748u

  延 床 面 積

   4,569u

  管   理   棟

   管理事務室・待合室7・会議室2・待合ホール・喫茶コーナー等

  お 別 れ 棟

   受付事務室・お別れ室・遺族控室等

  火   葬   棟

   告別ホール・炉前ホール・拾骨室等

  建 築 工 期

   昭和53年12月26日〜昭和55年6月30日

  総 事 業 費

   1,888,000千円

  火   葬   炉

   16基( 大型炉15基 ・ 汚物炉1基 )

  火 葬 時 間

   大人   平均95分 ( 内冷却時間20分 )

  駐   車   場

   普通車 104台・マイクロバス 5台・大型バス 2台

 

待合ホール
待合室